雲のやすらぎの使い方!収納・手入れ方法は?ベッドにも使える?

腰痛持ちに効果的と話題の高反発マットレス、雲のやすらぎ プレミアム。

「使い方はどうやるの?」

「寿命を長持ちさせる手入れ方法はどうすれば良いの?」

こんな疑問を持つ人も多いと思います。

そこで、このページでは、雲のやすらぎの使い方や手入れ方法、収納方法までくわしく解説していきます。

雲のやすらぎの使い方|ベッドもOK

フローリングでの使い方

フローリングでの使い方

雲のやすらぎを直接フローリングに置いても使えます。

やらない方が良い使い方としては、さらにマットレスを下に敷くことです。

マットレスを敷いてしまうと、雲のやすらぎの反発力が失われてしまう可能性があるので、思うような効果が得られない場合があります。

ベッドでの使い方

ベッドでの使い方

雲のやすらぎはベッドでも使えます。

使い方としては、ベッドフレームに雲のやすらぎを置くだけです。

ベッドと雲のやすらぎのサイズだけ注意するようにしましょう。

効果的な使い方は春夏秋冬で分けて使う

雲のやすらぎは裏表面で、春夏用と秋冬用分けられて作られています。

春夏の効果的な使い方秋冬の効果的な使い方

春夏用は通気性がよく、熱がこもらない設計になっています。

秋冬用は吸湿性と保湿力が優れた設計になっており、温度と湿度を最適に保てます。

この両面を使い分けることによって快適な睡眠を実現することができます。

雲のやすらぎの収納方法

雲のやすらぎの収納方法

雲のやすらぎの収納方法をフローリングで使う場合と、ベッドで使う場合に分けて解説します。

フローリングや畳で使う場合の収納方法

雲のやすらぎは分厚いので、折りたたみができません。

ゴムで固定すれば、折りたたんだ状態を維持できるのですが、ゴムがないと自らの反発力で開いてしまいます。

なので、部屋の隅に立てかけて置くのが良いです。

ベッドで使う場合の収納方法

ベッドで使う場合は、お手入れ(メンテナンス)の時以外はそのままベッドの上に置いて置けばOKです。

これは通常のマットレスと同様ですね。

雲のやすらぎの手入れ(メンテナンス)方法

雲のやすらぎの手入れ(メンテナンス)方法

雲のやすらぎの手入れ(メンテナンス)方法は次の通りです。

 

  • 一週間に一回陰干しする

 

雲のやすらぎはずーっと敷きっぱなししていると、通気性が良すぎるため、湿気がマットレスの下に溜まってしまい、カビが生えてしまう可能性があります。

雲のやすらぎの手入れ(メンテナンス)方法は陰干し

それを避けるため、一週間に一回は必ず陰干しするようにしましょう。

除湿シートも有効

雲のやすらぎの下に除湿シートを敷くと、湿気を全て吸い取ってくれるためカビを防ぐこともできます。

面倒臭がりの人はニトリなどで安く販売しているため、除湿シートの購入も検討しても良いかもしれません。

すのこベッドなら陰干しいらず

すのこベッドにすれば、常に陰干しされているような状態になるので、特に陰干しは必要ありません。
こちらも、一週間に一回の陰干しは面倒くさいという人は検討してみても良いのではないでしょうか。

雲のやすらぎの詳しい悪評を含めて口コミを知りたい場合は次の記事をご覧ください。
→【驚愕】雲のやすらぎの全口コミ・悪評から判明したデメリット!